【NEWS】今週末まで開催!「八王子と鉄道」展に行ってみた

2015年11月1日より八王子市郷土資料館で開催中の特別展「八王子と鉄道」に訪れました。八王子市在住の鉄道関連資料コレクター沼本氏のコレクションをメインに約200点が展示され、八王子付近の鉄道の歴史を実物資料などで確認出来る貴重なイベントです。今週末の12月6日(日)まで開催され、イベント最終日は「郷土資料館限定記念きっぷ」の配布や学芸員による展示解説が行われる予定です。

国鉄になる以前の「甲武鉄道」から中央線に変更されて以降の資料のほか、「横浜鉄道(現JR横浜線)」「玉南電気鉄道(現京王線)」「八高南線(現JR八高線)」などの資料が展示されています。浅川駅(現高尾駅)の写真や資料なども大変興味深かったです。

八王子市郷土資料館

八王子市郷土資料館はJR八王子駅南口から徒歩14分程度のところにあります。「八王子と鉄道」は1階で開催されています。

八王子と鉄道展

「八王子と鉄道」展の会場です。それほどスペースは広くありませんが、双頭レールやタブレットの実物など貴重な鉄道アイテムが展示されていました。

八王子と鉄道

同イベントの目玉のひとつが「八王子と鉄道」図録です。A4フルカラー80ページで450円で販売されています。豊富な資料写真が掲載されていて読み応えがあります。

展示物はもちろんですが、特にこの図録はほかで販売されていないもので大変貴重な資料になっています。鉄道の歴史に興味のある方は、今週末に八王子を訪れてみるのはいかがでしょうか。

詳細情報

開催期間 2015年12月6日(日)まで
※月曜休館
 開催時間  9:00〜17:00
 会場  八王子市郷土資料館 1階特別展示室
 料金  入館無料
 関連イベント  1.「郷土資料館限定記念きっぷの配布」
日時:12月6日(日)の11:00~、13:30~
※各回とも1時間前から整理券を配布、先着25名
2.「学芸員によるミュージアムトーク」
展示担当学芸員による展示解説。
日時:12月6日(日)14:00〜
※当日受付 約30分
 関連図録  「八王子と鉄道」
A4版フルカラー、本文80ページ、定価450円
※2012年発行の特別展図録の改訂・再販


カテゴリ:[ニュース ]
著者:鉄道模型部 編集部