【Bトレイン】群馬のシーラカンス「デキ1形電気機関車」

群馬の高崎駅を起点とする地方鉄道の上信電鉄は、今年で創業120周年を迎えました。地域の足として活躍するだけでなく、さまざまな旧型車両が見られる生きた鉄道博物館のような路線としても知られています。中でも現役最古の電気機関車として知られるのが「デキ1形電気機関車」です。ドイツ製の凸形ボディは小さいながらも優雅なデザインで、どことなく古き良きヨーロッパの風格を漂わせています。

バンダイからはBトレインショーティモデルとして発売されていますが、実はこのデキ1では全長が「ショーティ」ではなくリアルスケールだというのだから驚きです。もちろんBトレならではの手軽さは健在で、バンダイの「動力ユニット3電車・気動車用 」を用意すればNゲージ走行化できます。

Bトレ上信電鉄デキ1形電気機関車

「Bトレでありながらショーティにあらず」な上信電鉄デキ1形電気機関車です。なかなか格好いいです。パンタグラフもTOMIX製のPS14形に交換してみました。

ただし、鉄道模型部にあるデキ1は2013年に発売されたモデルで、緑帯の500形電車先頭車とセットになっています。現在店頭で発売されているのは赤帯の500形電車です。デキ1 も2両の重連で運用されることが多く、いずれも2箱買わないと編成が揃わないという悩ましい商品です(笑)。

変更点について調べたところ、現在発売中のデキ1はツヤあり塗装でデッキ部の銀ラインが塗装済みだそうです。そうなると旧製品も新製品もどっちも欲しくなってしまいますね。

Bトレ上信電鉄デキ1形電気機関車

旧製品はツヤ消し塗装でデッキの銀塗装もありません。昭和の現役時代を再現するなら旧製品のほうがいいかもしれません。

上信電鉄では国鉄テム300形の同形車であるテム1形という小さな2軸貨車をデキ1で牽引していたそうですが、あいにくそのモデルは持っていません。雰囲気が近い小型の2軸貨車「ワフ1・ワ115」が鉄コレの中古でありましたので並べてみたらとても雰囲気が出てきました。現在発売中のKATOワ12000でも似合いそうです。

Bトレ上信電鉄デキ1形電気機関車

小さな2軸貨車ということで、鉄コレ第2弾の私鉄貨車ワフ1・ワ115を牽引してみました。

上信電鉄デキ1とワフ1・ワ115

小型貨車のほうはまだダミーカプラーなので高さが合っていませんが、かつての地方ローカル私鉄の雰囲気は出ているかと思います。

上州ののどかな平野を駆け抜ける旧型電気機関車、夢があっていいですね。それでは、また。


カテゴリ:[Bトレインショーティー ]
著者:鉄道模型部 編集部
  

てつもぶLINEはこちら

@railway_models
友だち追加数