【Bトレイン】国鉄時代の103系横浜線「混色仕様」

今ではなかなか見ることができない鉄道の光景の1つとして、いわゆる「混色」編成というのがあります。これは車両更新による玉突き転属などが原因で異なる色の車両が組み合わさることで、1980年代の横浜線では103系通勤電車のスカイブルーとウグイスの組み合わせはよく見られました。近年でも大阪環状線や大和路線でも混色編成は見られるとのことですが、これも姿を消そうとしています。

横浜線の混色編成は初期の103系非冷房車であったと記憶していますが、Bトレインで当時の雰囲気をそれっぽく再現してみました(モデルは冷房更新後です)。前面の大きな「横浜線」方向幕は東神奈川駅で京浜東北線と乗り間違えないようにするためのもので、シール紙でお手軽改造してみました。

103系横浜線混色仕様

103系横浜線混色仕様です。今ではなかなか見られないような光景が80年代までは見られました。

103系横浜線混色仕様

グリーンとスカイブルーの混色はよく見られました。オレンジもあったという話も?

103系横浜線混色仕様

1989年頃の横浜線沿線のホームをイメージしてみました。隣の205系もついに引退していまいました。

なんというか、いまでは考えにくい昭和の「ゆるい」ノスタルジックな雰囲気の残る光景ですね。それでは、また。


カテゴリ:[Bトレインショーティー ]
著者:鉄道模型部 編集部