【Bトレイン】東京メトロ千代田線16000系レアもの1次車

鉄道模型部では初となる地下鉄車両のBトレインモデルをご紹介します。この「16000系」は、2010年11月4日から営業運転を開始した東京メトロ千代田線の最新車両です。話題となった北陸新幹線E7系と同じ奥山清行氏のデザインによるもので、とても現代的な雰囲気の車両です。小田急多摩線に乗り入れしているので、小田急沿線の人にもお馴染みだと思います。ラインカラーは千代田線らしくグリーン、先代の6000系と揃えて比較してみるのも面白いですよ。

当初、Bトレインでは初期の第1〜5編成までをモデルにした製品をリリースしました。ところが、実車の方はなんと運転手から前方右の視界が不良という声があったようで、中央にあった貫通扉を第6編成から左側(運転手から見て右側)にずらして設置することになったのです。その影響があったせいなのか、弊社で走っている初期型のBトレ16000系は早々に市場から消えて入手困難となり、今ではプレミアがつくこともあるようです。なお、現在は2次車・3次車をモデルにしたリニューアル版が販売されています。こちらも限定品らしいのですが、東京メトロが運営する「メトロの缶詰」からですと今のところ容易に入手できます。そちらのレビューもお楽しみに!

東京メトロ千代田線16000系

東京メトロ千代田線16000系、初期1次車の第1〜5編成までをモデルとしたBトレインです。前面貫通扉が中央にあるのが特徴です。

東京メトロ千代田線16000系

2両セットで販売していますので、最低2箱で編成が揃います。足回りをNゲージ用台車に交換、パンタグラフも換装しています。

東京メトロ千代田線16000系

小田急直通乗り入れのイメージが強いので、代々木付近の風景をバックに撮影。都会的でシャープなデザインです。

東京メトロ16000系

千代田線乗り入れ三兄弟(?)です。左から小田急ロマンスカーMSE 60000形、4000形、東京メトロ16000系です。新百合ケ丘あたりでも見られそうな光景です。

16000

実車の試運転時の写真を追加しました。これは新百合ケ丘駅ですね。ちょっと釣り目デザインの16000系の紹介でした。それでは、また。

 


カテゴリ:[Bトレインショーティー ]
著者:鉄道模型部 編集部
  

てつもぶLINEはこちら

@railway_models
友だち追加数