【新製品速報】C11KATOファインスケールが2017年4月に発売!!

KATOから1/150リアルスケール C11(品番 2021)がついに発売と発表されました!2017年3月に登場します。
※2017/3/23追記 残念ながらリアルスケール C11(品番 2021)は、2017年4月出荷に変更となることが、KATOより発表されました。Amazonでは、KATO C11(品番 2021)4月30日予定となっています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-17-21-27

KATO C11(1/150)について

KATOの蒸気機関車は発売当時の技術ではどうしても小型化出来ず、1/150よりも大きな製品となっていました。特に小型蒸気であるC11はとても大きく、1/135程度ではないかというほどです。

KATOでは蒸気機関車を少しづつ1/150(KATOではリアルスケールと呼んでいます)で作り直していて、D51、C12、C50、C56、C57、C59、C62などがリアルな1/150製品としてラインナップされています。

C11は発売予定となってから時間が経ってしまい、TOMIXにまさかの先を越され…(苦笑)、往年のKATO(関水金属)ファンとすれば「KATOカタログの発売予定だから(笑)」を彷彿とさせたものの、無事発売です!予約必死です!!

※予約

ポケットラインチビロコセットについて

大人気で鉄道模型部にも沢山在籍しているのが「チビロコ」です。機関車に動力はなく、客車に動力を積んだいわゆる「ユーレイ」です。ロッドがちょこまかと動く姿はとてもかわいいのですが、ここ数年供給がなく、入手しにくい状況でしたが、2017年3月に動力リニューアルで再販とのことです!

俗に言う「初期型」のチビロコです。3月の再販品は、ランボードやステップが赤い「たのしい街のSL列車」になります。なお、青/赤のチビロコもありました(残念ながら持っていません!)

俗に言う「初期型」のチビロコです。3月の再販品は、ランボードやステップが赤い「たのしい街のSL列車」になります。なお、青/赤のチビロコもありました(残念ながら持っていません!)

西武40000系

平成29年に登場する西武40000系が、実車運用開始よりもはやく製品化!!

西武ファンとしては気になってしまいます!

 

予約はこちら!

C11はすぐ完売してしまいそうですね…。

 

 


カテゴリ:[ニュース ]
著者:鉄道模型部 編集部
  

てつもぶLINEはこちら

@railway_models
友だち追加数