【Bトレイン】小田急テクノインスペクターを自作!その2

2013年夏、Bトレイン小田急3000形をベースに作成を開始、9月に無事クヤ31 テクノインスペクターが完成!
それでは早速、作成レポート「その2」をお送りします。
【Bトレイン】小田急テクノインスペクターを自作する!その1はこちら
【Bトレイン】小田急テクノインスペクターを自作する!その3【完結編】はこちら

自作Bトレイン/テクノインスペクター完成図01

2013年9月、堂々完成したテクノインスペクター。まほろ線の検測を担っています。

3000形のクーラーを削り、プラバンで埋めました。クーラーはBトレイン9000形(8000形)の屋根から切り出したものを使います。台車(Nゲージ 11-097 小形車両用台車 通勤電車2)には1mmのプラ角棒をはり、レール検査用の機器を再現しまています。(写真がない!)

テクノインスペクター屋根の加工

3000形の屋根にある「波」はテクノインスペクターに無いので、このあとさらに削りました。側面板は、「その1」での加工中のもの。

屋根と台車はクレオス32Mr.カラー スプレー S32 軍艦色2 で塗装します。(写真がブレてて暗くてごめんなさい)屋根には無線アンテナ(TOMIX JA02 アンテナ私鉄用)もすでに取り付けています。台車からは車輪を外しておきましょう。

屋根と台車の塗装

軍艦色(2)で塗装。本当は架線点検用のセンサーやライトがありますが、そこはBトレイン。省略します(笑

次に側面板を塗装します。まず小田急線のラインである「青」を吹きます。グリーンマックス鉄道スプレー ブルーB SP-22小田急ブルーを使ったのですが、これは「アイボリー車体用の青」で、ステンレス車体などの帯よりも色が暗かったことにあとから気が付きました…。(シックでいいかも知れない!と最近は思っています(笑))

帯の青をスプレーする

帯の色が暗かったです…。また、とてつもなく久しぶりのスプレー塗装で厚ぼったいです…。

さぁ「その2」はここまで!次回最終回「その3」をお楽しみに!その3では塗装を終わらせ、ステッカーを作って貼り、組み立てて完成まで一気に進んじゃいます!

【Bトレイン】小田急テクノインスペクターを自作する!その3【完結編】はこちら


カテゴリ:[改造・工作 ]
著者:鉄道模型部 編集部
  

てつもぶLINEはこちら

@railway_models
友だち追加数