【Bトレイン】何次車で作る?小田急3000形

小田急3000形と聞くと初代ロマンスカーのSE車をイメージする人もいるかもしれませんが、今日ご紹介するのは現役の通勤車両、オールステンレスの2代目「3000形」のBトレインショーティモデルです。2001年に登場した頃には、小田急らしからぬなんとも味気ない車両が出たものだと思いましたが(失礼)、現在までに9次車までバージョンアップを重ねており、それぞれに違った個性があるので模型的な細かい作り分けも魅力の一つです。Bトレインショーティモデルの3000形では、2次車以降のさまざまな世代の車両を作り分けられるようにスカート部分のパーツが選択可能で、方向幕シールも豊富に入っています。

もしその気になれば、足回りに全面防音スカートを装備した試験的な「3263」編成や、藤子・F・不二雄キャラクターをラッピングした「F-train」など超個性的な車両への改造にチャレンジしてみるのも面白いかもしれません。

小田急3000形のBトレインモデル

小田急沿線ではおなじみ、3000形のBトレインです。Nゲージ走行化済みです。

小田急3000形のBトレインモデル

10両のフル編成にするには中間車両があと6両必要なので全部で4パッケージ必要になってしまいます(笑)。

小田急3000形に付属する前面パーツ。スカートが多い!なお側面にステップがあり、スカートによって切り取る必要があります。

小田急3000形に付属する前面パーツ。スカートが多い! なお側面板にステップがあり、選択するスカートによって切り取る必要があります。

小田急3000形

こちらは実車の3000形。望遠レンズで撮影するとBトレインのように写りますよ。

見慣れている車両を手軽に楽しめるBトレインショーティ、おすすめです。では、また。


カテゴリ:[Bトレインショーティー ]
著者:鉄道模型部 編集部
  

てつもぶLINEはこちら

@railway_models
友だち追加数