【Bトレイン】いまや絶版!スカルフェイスの小田急9000形

小田急9000形は、1972年に登場した営団地下鉄(当時)千代田線直通乗り入れ用に製作された通勤車両です。その後、後継車の1000形の登場で地上専用となり、2006年には引退してしまった懐かしの車両です。その独特な前面貫通扉デザインから「ガイコツ」などのあだ名もありました。確かに子供の頃は「なんだか悪者っぽい電車だなあ」と感じていました。ですが、ベージュの小田急が8000形だけになってしまった現在ではなんとも愛嬌のある顔に見えてきます。

この9000形のBトレインモデルも現在は入手困難なレア品で、引退が発表された2006年に「さよなら9000形セット」が限定発売されたほかは、翌年の8000形(旧製品)に付属していた前面と屋根のコンパーチブルパーツを利用するしか再現する方法はありません。

なお、さよなら9000形セットの方は、運転台撤去車バージョンの前面パーツとさよならヘッドマークのステッカーが付属していますので、より貴重なモデルと言えるでしょう。

小田急9000形

「ガイコツ」の愛称が印象的な小田急9000形。実車は2006年までに引退しています。

小田急9000形

小田急全線はもちろん千代田線乗り入れまで行っていた9000形ですが、なくなってしまうと寂しいものです。

Bトレイン小田急8000形

Bトレインでは小田急8000形の旧製品「製品番号9番」に9000形の前面パーツと屋根部品が付属していました。現在発売中の8000形にはこのパーツは付属しません。

小田急9000形前面パーツ

9000形(左)と8000形旧製品(右)の前面パーツがコンパーチブルでした。9000形の屋根形状に合わせるため、旧製品の8000形は少し丸みが強いものとなっていました。

手に入れにくい製品ではありますが、小田急ファンの人には強い印象を残した車両ですのでコレクションに加えたくなりますね。それでは、また。

 

 


カテゴリ:[Bトレインショーティー ]
著者:鉄道模型部 編集部