【Bトレイン】懐かしの205系横浜線「さよなら運転仕様」

八王子駅から東神奈川駅を結ぶJR横浜線。今回は2014年の8月23日に営業運転を終了したJR横浜線205系のBトレインモデルを紹介します。改造というほどではありませんが、ラストランで掲示されていた「感謝」ヘッドマークをシールで再現してみました。Bトレインの商品自体は現在ほとんど流通していませんが、横浜線沿線の中古ショップに通っているとたまに出会うことがあります。

思えばこの205系は1988年の投入開始以来26年の長きに渡って沿線住民の足として活躍してきました。投入された当初は混色編成の103系などローカル線臭さを出していた横浜線にあって、とても都会的でスマートな車両であったことを記憶しています。最新鋭のE233系に比べると煩いしよく揺れるのですが、引退した今となっては昨年のこととはいえ懐かしささえ湧いてきます。

JR横浜線205系さよなら運転

JR横浜線の205系にさよなら運転時のステッカーを自作シールで貼り付けてみました。引退時の行先表示はLEDだったんじゃないかというツッコミはありますが(笑)。

JR横浜線205系さよなら運転

今まで日常の風景だったのに、いなくなると寂しいものです。

もう少し実車に近づけたいという人のために、ラストラン時の写真を掲載しておきます。スカートの形状とかが微妙に異なりますね。インドネシアに譲渡された車両を塗装やシールで再現してみるというマニアックな改造も考えられますね。

JR横浜線205系さよなら運転

2014年8月のさよなら運転時の写真です。こちらが八王子側になります。

JR横浜線205系さよなら運転

東神奈川側の表示は違ったデザインとなっていました。

JR横浜線205系さよなら運転

引退した横浜線の205系、一部の車両はインドネシアで活躍しているとのこと。

町田から相模原にかけてのひたすらレールが真っ直ぐな区間を全力疾走する205系の姿を、模型を見ながら思い出しています。それでは、また。


カテゴリ:[Bトレインショーティー ]
著者:鉄道模型部 編集部