【TOMIX】流麗なボディの国鉄C57形蒸気機関車

鉄道博物館でEF55とC57の入れ替え作業を見て、鉄道模型のほうも改めて確認したくなりました。TOMIXからはまさに鉄道博物館に展示されている135号機をモデルにした製品が販売されています。基本設計の姿を保った1次形の流麗なデザインはまさに「貴婦人」の愛称が似つかわしいスタイルだと思います。細長いボイラーの雰囲気も的確に再現されていますね。ボイラーの設計が変わって力強いスタイルになった4次形はKATO(関水金属)から製品化されているので、両方を揃えて比べてみるのも面白いかもしれませんね。あるいは動態保存されている1号機や180号機の編成を再現してみるのも楽しそうです。

国鉄C57 135

国鉄C57 135号機。非常にスマートなデザインで重心の低いスタイルがよく表現されていると思います。

国鉄C57 135

もう少し横から見てみます。細長いボイラーとシンプルなデザインが格好いいです。

国鉄C57 135

鉄道模型部の転車台(旧型のTOMIX製品)に乗せてみました。やはり蒸気機関車とターンテーブルはよく似合います。

国鉄C57 135

TOMIXのC57のすごいところは、これほど全長の長い車体にもかかわらず、ミニカーブレールを余裕で通過できる走行性能の高さです。

やはりとても美しいスタイルの蒸気機関車です。見ているだけで癒やされます。それでは、また。。

 


カテゴリ:[車両 ]
著者:鉄道模型部 編集部
  

てつもぶLINEはこちら

@railway_models
友だち追加数